難関高校受験の偏差値

首都圏や一部の自治体で難関校と言われる高校があります。首都圏では筑波大附属駒場、筑波大附属、東京学芸大附属、お茶の水女子大附属といった国立高校、開成高校をはじめとする超進学校、慶応志木、慶應義塾、慶應女子などの早慶附属がいわゆる難関校と言ってよいでしょう。それ以外にも東京都立の高校で一部進学指導重点校という指定をされている高校は難関校にふさわしい難易度の問題が出題されています。具体的には日比谷、西、国立、八王子東、戸山などなど。進学ナビや塾の情報では多くの勉強法、案内がありますが、なにより大切なのは塾に通っているかどうかということになります。申し訳ないですが、公立の教育ではこれらの高校に合格することが難しいと言わざるを得ません。例外的な生徒をのぞいてしっかりと勉強を教えてくれる塾で高校受験の勉強をしておく必要があると思います。その上でレベルの高い母体の中での偏差値にこだわってみましょう。サピックスや駿台の公開模試を利用してハイレベルの受験者層の中での自分の位置を確認するのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。