塾選び

高校受験において塾というものの果たす役割がとても重要視されています。そこで塾を選ぶことが大切になっているのですが、気をつけてほしいことはいくつかあります。まず「立地で選ばない」ということです。大規模展開している学習塾にありがちですが、駅ごとに教室があって、その実先生の質が最低というケースがままあります。次に「合格実績にだまされない」ことです。たくさん生徒を集めれてたくさん受験させれば無理矢理合格実績を出すことはできます。勉強法や情報、合格力という言葉は重要ですが母体の人数も比較してみるといいでしょう。最後に一番難しいことですが「勝手に線引きをしない」ことです。よく聞く話が「うちは難関校志望じゃないから○○でいいや」といったケースです。その認識が大いに間違っていることが多いのです。学校でいつも成績トップ、もちろん内申点はオール5、Vもぎでも70くらいの点数をとっている生徒が都立日比谷高校に不合格なんてことはよくある話です。時代は変わります。相談だけはタダなのでしてみてはどうでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。